赤ちゃんにはおもちゃ

玩具は遊ぶための道具です。
しかしこれが赤ちゃんが手に取るものとなると単なる「遊ぶための道具」から認識が変わります。
おもちゃは自分で動かして遊ぶものであり、自分で物を動かすことで「これはこう動かすとこういうことになる」という原理を知ることができ、どう動かせばいいか考えさせ、「これはこうしたら危ない」という危険の感知と様々な方面で頭を活発化させることができます。

頭を活発化させる方法であれば他にもありますがおもちゃは遊ぶものであるため特に赤ちゃんが興味を持ちやすく自分から意欲的に動きやすい存在です。
赤ちゃんにおもちゃを与えるか与えないかで今後の発育が大きく違ってくるといってもいい程重要な存在であり、赤ちゃんには必要不可欠です。
しかしおもちゃと一言でいっても世の中には様々なおもちゃがあります。

当然のことながら赤ちゃん相手にはまだ適していない種類のもあり、大人や成長した子供向けのようなおもちゃを与えると訳が分からずに飽きるのが早くなってしまうため生まれたばかりの赤ちゃんに適したものを与えなければいけません。
では実際に赤ちゃんのためにおもちゃを与えるのであればどのようなおもちゃを与えるのがよいのでしょうか。

しかしおもちゃはただ与えるだけで終わらせてはいけません。
親が手本を見せたり一緒に遊ぶこと必要です。
おもちゃは赤ちゃんの発育を促すものではありますがそれと同時に親と子を繋いでくれる存在でもあるのです。



【外部リンク】
ガチャガチャの中身やキッズルームのマットなどを販売しているおもちゃの専門店です ・・・ ガチャガチャ